So-net無料ブログ作成
検索選択

4/28 下北沢CLUB 251 お疲れさまでした [JURASSIC JADE]

ご来場いただいたお客さん、出演者の皆さん、お店のスタッフの皆さん、
お疲れさまでした!
F1010014.JPG
出演はBOLD FAT MISSILE(from 名古屋)、NAMAZ(from いわき)、J.J.、ROSEROSE。
お客さんにとっては、最初から最後まで見逃せない豪華なメンツだったかと。

この日はJ.J.新作Tシャツが登場しました。
前回登場した「JJ-17/HIZUMI皆空」の、前後プリント逆転バージョンです。
NEWTF.jpg
↑今度はこっちがフロント

次回のJ.J.ライブは、5/13(日)つくばパークダイナにて。
FC Five Last Tourの最終公演に出演します
(残念ながら、チケット予約受付は終了。取り置きはできませんのでご了承ください)。
よろしくお願いします!

「AFTER KILLING MAM」当時の思い出 [JURASSIC JADE]

早いもので、4月も終盤にさしかかりもうすぐゴールデン・ウィーク。
前回のブログで告知したSKULL SMASHのライブ(4/14)も、おかげさまで無事に終了。
あいにくの雨模様にもかかわらずご来場いただいた方々、本当にありがとうございました!

で、前回書こうと思っていた話をば。
「天の咎」「地の仇花」としてリイシューされたJURASSIC JADEのアルバムですが、
オリジナル・リリース当時の思い出・エピソードなんぞを書き連ねていこうか、と。
まずは第1回目、1997年リリースの「AFTER KILLING MAM」から。

●レコーディング・スタジオがあったのは、今の都営大江戸線・麻布十番駅のあたり。
当時はまだ大江戸線ができる前だったので、六本木駅から芋洗坂をくだって足を運んだ覚えが。
●スタジオのちょうど道向かいあたりにあったのが、バブル期に一世を風靡したディスコ「マハラジャ」。
●加入されたばかりのベーシスト・YASUNORIさんと初めてお会いしたのも、このスタジオ。
ただ、自分がスタジオに顔を出したときは既にバッキング・トラックは録音済みで、実際に音を入れている現場には立ち会えず。
●収録されている曲のいくつかは、前ベーシスト・SUGURUさん在籍時代からライブでも披露されていた。ただし、アルバムに入っているバージョンに至るまでアレンジが練られて変化しているものも多く、中でも“紅い砂漠”はその印象強し。
●歌詞カードの版下(印刷用フィルムを作るための原稿)を作ったのも、懐かしい思い出。データ入稿になるのはこの次の“ドク・ユメ~”からで、この時は印画紙に出力した文字を、そのまま版下原稿にしてもらった。ちなみに、出力に使ったのはパソコンではなくワープロ(!)。時代を感じますなぁ…。
ジャケットがT.KIDA氏の作品になったのも、このアルバムが出発点。表ジャケに描かれているモンスターは、のちに萩原一至氏のマンガ「BASTARD!!―暗黒の破壊神―」で“レッサー・デーモン”のモチーフとして登場。興味のある方は、コミック第19巻をどうぞ。
●このアルバムでひときわ印象的なのが、HIZUMIさんのペンによるCD帯の叩き文句。別バージョンがあと2つくらいあって、いずれも甲乙つけがたかったのを覚えている。結局、それらのバージョンは当時のフライヤーにごく限定的に登場。持っている人はレア・アイテム!

…こんなところでしょうか。
もう16年も前になるのかぁ。。。しみじみ。

最後にお知らせです。
4月28日はJURASSIC JADEのライブです!
しかも今年になって初の東京ライブ、そしてリマスター盤リリース後初のライブ!
ぜひお見逃しなく!!!

4月28日(土) 下北沢 CLUB251
http://www.club251.co.jp/
DISTURB SITE vol.20 「SKATETHRASH HEAVEN」 RELEASE GIG in TOKYO
OPEN: 18:00 START: 18:30
ADV: 2000円 AT DOOR: 2500円
with:ROSEROSE、BOLD FAT MISSILE、NAMAZ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。